林檎の花の通る道

この林檎の木の下で、「好きだよ」って言えたらいい。

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最大公約数

2007 - 04/24 [Tue] - 20:14



君が僕に言ったこと






0と0を合わせて ∞


ゼロ ト ゼロ ヲ アワセテ ムゲン








なんだそりゃ
無いものと無いものを合わせて
無限になんかなるはずないじゃないか

おかしすぎて笑っちゃうよ
くだらなすぎる


散々笑って君を馬鹿にした

その後
僕は悔しくなって
少し泣いたのかもしれない












続きを読む »
スポンサーサイト

死なないで。

2007 - 04/23 [Mon] - 00:24


窓に映る自分と

ここにいる自分に向かって言った




 
 死ね





「死ね」なんて言葉を
平気で使える人は最低だ

「死ね」なんて言葉を
作った人間も最低だ







 死ね






そう言って
誰かが本当に死んだら悲しい


だから
もう死ねなんて言わないよ





 ごめんな





だから
もう泣いたりなんかしないでよ















楽しむことを知っているのか

2007 - 04/19 [Thu] - 00:09



今、もしくは過去に

「本当に楽しくて、そのことはいつになっても忘れられない」

という経験が存在する人はいるだろうか?




僕はそういう経験がない。
そのとき楽しいと思っても、時間が経てば忘れる。
その程度の楽しさ。

人生の中で『楽しい時期ベスト3』に入るであろう、
17歳。

その17歳を僕は今生きているわけだが、
やはりそこまで面白いこと・楽しいこと・嬉しいことなど存在しない。





こんな僕にも「彼女」というかけがえのない存在を所持していた時期がある。

だが、そのときのことも。
今考えてみると、忘れられないほどの楽しさではない。





















だったら、生きている意味などあるのか?



























今がそれほど楽しくない故に、死後の世界に興味を示してはならないのか?

フォーゲット・ミー・ノット

2007 - 04/16 [Mon] - 20:47


誰かに引っ張ってもらって
生きていたことに
今 気がついた

時間が 嫌がるオレを
無理矢理に
さらっていったんだ



ノストラダムスも言ったように
世界はそのうち消えるんだ
だったら
早いうちに消えて欲しい
できれば
オレの合図で消えて欲しい


人にはできることとできないことがあるんだ


人は全て孤独
だから一人で生きていける

では
自分ひとりじゃ何もできない
オレは
人ではないのか?


なんてグロリアスな話


消えかかっているみたいに
不確かで不安定な自分の
存在を
トートロジーでこまかして
「死にたくない」
と言い続けた



もうすぐ終わるのは
オレの世界の方だったけど
大丈夫
最後の言葉ももう決めた


空気の流れが変わった気がした


無くなりかけた身体で
「おやすみ」
と呟くと
世界はゆっくり眠りについた



「さようなら。忘れないでね」











続きを読む »

あたらしいもの

2007 - 04/15 [Sun] - 15:58





新しいカテゴリー。

「情報統合思念体」



日記でも詩でも物語でもない、
僕のくっだらない思いをダラダラと書きなぐる為の空間です。

故にノンフィクションであり、
唯一、僕の本当の思いが書かれる場所です。




まぁ。
最近はブログ飽き気味なんで。


笑。


そのうち書きます。






破壊試験

2007 - 04/15 [Sun] - 15:52


基本はみんな同じ
違いが生まれたのは過程
何を経て
何を得て
僕に他人との違いが生まれた


感じることを感じるままにやって
つまらないとは思わなかった

それなのに
今は退屈が積み重なってのしかかる


僕の速度は消沈していて
ただそこで
宇宙人との出会いを待つ


大事な人を失ったときに
何一つ変わらない世間を見て

「ああ 人ってちっぽけだ」

言った後に
僕の人生は終わっていたのかもしれない


小さな自分の軌跡を遺そうとして
無理をして
変化をして
気づいたら僕の普通は他人の異質


「ああ 退屈だ」
言う前から
僕の世界が終わっていたことなど

気づいていたんだ














続きを読む »

はるまき

2007 - 04/03 [Tue] - 16:39

春が来たら 桜が咲いて
「春が来たそぉ」って
言ってるみたい

何もしていない僕は
また今年も
春の風に
ぐるっと包まれる

あっという間に
出会いと別れは過ぎて
気付かないうちに
僕は寂しさの渦の中に

だから今度は
僕が春を
ぐるっと包み込んで

「もう離さないよ」って
春と笑ってみたい








続きを読む »

りんごあじ

2007 - 04/01 [Sun] - 20:29

ネタ切れというわけではないんだけども。
今日も日記を書きます。
りんごです。

ちょっと余談です。
ええと。
僕のことを、皆様はどうイメージしていますか?

かわいい真っ赤な林檎をイメージしますか?

癒し系和み系のグリーンアップルを思いますか?

腐った林檎を考えますか?



・・・・・・。
どれも遠からず近からずなんですが。
正確に表現すると
「猿にかじられた後放置されてしなびた林檎」
といったカンジです。






(´∀`)







さぁ。
ここから本題です。


改名する前、僕は結構イロイロな呼び名で呼ばれていて。

改名したから、これからはちゃんと名前で呼ばれるなぁ(´∀`)
と思っていたんですが。


そんなことはなかった。




先日僕は、あるブログにコメントを残しました。
名前の欄には「りんご」と。ひらがなで。

すると返信に
「ひらがなもかわいいですね」って。


・・・・・・。
「かわいい」?
「ひらがな『も』」?


僕はオトコです。ええ。雄とも言います。
嫌いではないですよ。
「かわいい」と言われることは。








そしてその後。相変わらず僕は、『まぁいいか』思考でいたら。
気づいたときには

「りんごちゃん」

そう呼ばれていました。
僕はオトコです。ええ。雄とも言います。
・・・・・・嫌いでは・・・ないですよ・・・。
「ちゃん」付けで呼ばれるのも。







でもね。
これが普及しちゃうとね。
そのうち僕の性別=男と認めてもらえなくなりそうなので。笑



いままで僕を「林檎さん」と呼んでいた皆様。
勇気を持って「林檎くん」と呼んでみてくださいな。




「りんごちゃん」と呼んでいる人。
いいよ。
そのままで。
かえるのもなんか嫌でしょ?



そのかわりね、
「りんごちゃん、スカート何着持ってる?」
とか聞くのやめてね。
持ってないから。男だから。
スカートを所持していると逮捕される性別だから。










まぁ、そういうことですよ。








それでは。
今日はこの辺りで。♪










 | HOME | 

プロフィール

林檎

Author:林檎
つまらないと感じた日常。
成す術がないし、
改善する気もない。

だけど、
「つまらない」と君が言うなら
僕は、死ぬ気になって
君に「素敵だ」と言わせたいと思う。

それが、たぶん
「幸せ」なんだと思う。

∥Poembar∥click!∥

カウンター

☆ランキング☆

ブログ内検索

friend

夜の秘密

ブロとも申請フォーム

カレンダー

03 | 2007/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

最近の記事+コメント

最近のトラックバック

カテゴリー

リンク

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。