FC2ブログ
林檎の花の通る道

この林檎の木の下で、「好きだよ」って言えたらいい。

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「余味姫」

2007 - 09/27 [Thu] - 23:56

款冬の葉に置く露 それは私の形
果敢無いのは 遅る側に生まれてしまったこと

遅れ先立つこの世の習いに
感じる痛みの形は無常
何故 私に感情が存在するの?


西の彼方にたどり着く者 道を知らない私は行けず
何処からか聞こえる岩清水に 身を休める

ことわりの別れに思いを馳せ
別れの理不尽さに泣く


まだ得ていないのは 呼び名
得たところで誰が呼ぶ?

理解していても なお
惜しんでしまうのだろうか?



伝統を誇る 闇に埋もれて
探る気配はやはり空虚で

その衆生の終焉まで あと僅か
ようやく付いた名と共に 消え逝く露



たどり着いた先で 貴方に出逢えることを
心から願うばかりです













スポンサーサイト

 | HOME | 

プロフィール

林檎

Author:林檎
つまらないと感じた日常。
成す術がないし、
改善する気もない。

だけど、
「つまらない」と君が言うなら
僕は、死ぬ気になって
君に「素敵だ」と言わせたいと思う。

それが、たぶん
「幸せ」なんだと思う。

∥Poembar∥click!∥

カウンター

☆ランキング☆

ブログ内検索

friend

夜の秘密

ブロとも申請フォーム

カレンダー

08 | 2007/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最近の記事+コメント

最近のトラックバック

カテゴリー

リンク

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。