林檎の花の通る道

この林檎の木の下で、「好きだよ」って言えたらいい。

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

vividly

2006 - 11/10 [Fri] - 23:42




貴方と僕
目線は貴方の方が少し上

うわべの付き合いなんかじゃなくて
しっかりと手を繋いでる


貴方と僕
好き嫌いが少ないのは僕

僕らをめぐり合わせてくれた
蛍袋の種を植えた


貴方と僕
目指す夢は二人同じ

「明日は公園にでも行こうか」
これが僕らの最期の会話





ほんの一瞬
瞬きを2回するくらい
その程度だった

たった一瞬
怖いくらいにあっという間に
繋がりは断ち切られた

蛍袋は光を失った



あぁ これで4度目
今日だけはどうしても
君のこと思い出してしまう



7月2日



夏というには少し早くて
哀しげなもう雨は止む頃



君と僕の最期の出来事



貴方が"君"に変わった日

世界の隅のちっぽけなカケラ事で
僕の鼓動を少し揺るがす夜風のように

通り過ぎていってしまった日









貴方と僕

僕の目線は

君を越えていた






思い出しすぎてしまった。


あの日の幻影が

僕の涙腺を一気に駆け抜けた。



7月2日


もう

過ぎてしまった日だった。

スポンサーサイト

お久しぶりです。夏休み中、「音奏」っていうブログをつくっていた、初詩です。このたび、友達と共同制作でブログをつくることになりました。できましたら、またよろしくお願いします。

みかんが、付き合

みかんが、付き合いとかを鼓動したみたい…

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://cloudy27.blog58.fc2.com/tb.php/165-5befa063

 | HOME | 

プロフィール

林檎

Author:林檎
つまらないと感じた日常。
成す術がないし、
改善する気もない。

だけど、
「つまらない」と君が言うなら
僕は、死ぬ気になって
君に「素敵だ」と言わせたいと思う。

それが、たぶん
「幸せ」なんだと思う。

∥Poembar∥click!∥

カウンター

☆ランキング☆

ブログ内検索

friend

夜の秘密

ブロとも申請フォーム

カレンダー

04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事+コメント

最近のトラックバック

カテゴリー

リンク

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。