FC2ブログ
林檎の花の通る道

この林檎の木の下で、「好きだよ」って言えたらいい。

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

落ち手紙

2006 - 11/20 [Mon] - 23:05





静けさを何気なく壊したのは 雫の滴る音
鈴を転がしたような声が 遠くで僕を呼んだ

小さい窓越しで レモネードを啜る僕は
懐かしい恋文を拾い上げ センチメンタルに溺れて

あくびで涙を隠した



徐にポケットに手を入れて 感じた冷たさは飴玉
僕の右手は待ち焦がれるように 携帯を握り締める

月明かりだけで真っ暗な机の 前に座る僕が
見えない本のページをめくり 口笛を鳴らすと

蘭曲のようだった



ひたひたと 音を立て続ける雨を
憎みながらも 恋しく感じる

自分の矛盾に腹を立てて


昨日までの 無様な自分を
思い返しては ガッカリするから

全てを忘れて風車に祈った



届くわけのない思いが 
空を仰いだように見えて

少し たじろいだ




今日の祈りが昨日よりよかったとか
今日の天気が昨日よりひどかったとか

そんな運命的なものではなくて



まるでこの星の自伝のような
揺るぎない
確かな自信を持った不思議な光が

僕の胸の奥に留まる頃には




僕のレモネードはとっくになくなって
窓には朱い濁りが映りだした




携帯の振動は結局ないままで


僕の恋文は

湿り気を帯びていた











たまには、

違うカンジの詩を書いたっていいじゃないの。
スポンサーサイト

お久し振りです。

レモネード、良いですね^^
一人でセンチメンタルな気持ちに浸るにはもってこいです。
後を引いて残る甘さ。切なさ・・・。
何にちょっと似てるかな?とか考えたりして。

では又来ますv

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://cloudy27.blog58.fc2.com/tb.php/170-02a921ef

 | HOME | 

プロフィール

林檎

Author:林檎
つまらないと感じた日常。
成す術がないし、
改善する気もない。

だけど、
「つまらない」と君が言うなら
僕は、死ぬ気になって
君に「素敵だ」と言わせたいと思う。

それが、たぶん
「幸せ」なんだと思う。

∥Poembar∥click!∥

カウンター

☆ランキング☆

ブログ内検索

friend

夜の秘密

ブロとも申請フォーム

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近の記事+コメント

最近のトラックバック

カテゴリー

リンク

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。