林檎の花の通る道

この林檎の木の下で、「好きだよ」って言えたらいい。

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マイワールド

2007 - 03/11 [Sun] - 18:01


手を開いて無くしたのは
アイデア
その先など
解るはずがないから仕方なかった


賽子のような
不安定と規則性の調和
何故僕にはないのかと嘆く

それは届かない

針みたいに
研ぎ澄んだ君の心
そのくせ温かいから
悔しくなって無い物ねだりを始めた

心だけバレる


足りないものは
探さずともよく知っている
だって
繋いでいるものの方が
よっぽど少ないから

寂しくないし悲しくないから
冷徹な言葉で逃れる
だけど
本当は掴みたくて
僕は手を開いては閉じる



手を結んで取り戻したのは
空間
そこは即興の世界で
せこい考えと筆を握る僕がいた




絵画の中でまで続く
無い物ねだり




















賽子――――――――――――





          ――――――――さいころ。







スポンサーサイト

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://cloudy27.blog58.fc2.com/tb.php/212-d428638c

 | HOME | 

プロフィール

林檎

Author:林檎
つまらないと感じた日常。
成す術がないし、
改善する気もない。

だけど、
「つまらない」と君が言うなら
僕は、死ぬ気になって
君に「素敵だ」と言わせたいと思う。

それが、たぶん
「幸せ」なんだと思う。

∥Poembar∥click!∥

カウンター

☆ランキング☆

ブログ内検索

friend

夜の秘密

ブロとも申請フォーム

カレンダー

04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事+コメント

最近のトラックバック

カテゴリー

リンク

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。