林檎の花の通る道

この林檎の木の下で、「好きだよ」って言えたらいい。

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

理不尽だよ。

2008 - 03/31 [Mon] - 22:06

久しぶりに日記を書く。

まず最初に。ぴっちゃん、ありがとう。

書き方を忘れてしまった日記、取り戻すものがあるのかどうか微妙。
とりあえず、書こうか。






僕には一人の先輩がいる。アイさん。
23歳。童顔。小柄でスタイル良し。天然。処女。
自分は尊敬されていると思っているようだが、林檎は尊敬していない。

林檎とはとても仲良くしてくれる。僕のお姉ちゃん(的存在)。
しょっちゅう遊んでくれる。林檎が大好きな先輩なのです。



僕にはもう一人先輩がいる。ハルさん。
24歳。美人。ちょっと大きくてスタイル良し。変態。支配者。
アイさんの先輩で、シモネタ魔人。






先日アイさんとハルさんと僕の友達3人、つまり6人でご飯を食べる予定だった。
その日は僕の友達の女の子の誕生日。

この6人はいわゆる「いつものメンバー」で、
いつものメンバーは誕生日に食事会をする。

しかし、アイさんは急用でキャンセル。5人でレストランへ。






ここで、いつものルール発動。

***ルール***
席に着いたら全員携帯の電源を切る。
じゃんけんで勝った人から順に5分の時間差で一人ずつ電源を入れる。
会計のときまでに一度も電話・メールが来なかった人が支払い。
***    ***



ハルさん(魔人)が1番。僕が2番に決定。
誕生日の女の子は残念ながら最後。



さぁて、ここから。










魔人ハルの怒涛の理不尽劇スタート


【理不尽その1】

ハル「林檎、○○は今日誕生日なんだから。順番変わってあげなさい」

林檎「えぇ!? なぜ俺!?」

ハル「男の子でしょ。気遣いなさい。フェラニストになりなさい。」

林檎「フェミニストな。そしてここは食事の場だ。変態。」

ハル「口を慎みなさい。とにかく交代ね。アンタが最後。」

林檎「(泣)」







魔人ハルは支配者です。
逆らえませんでした。








そして食事。パタパタと、みんな携帯を開いてく。

料理はおいしい。


いつもはアイさんが座っている正面に
魔人ハルが座っているので、空気はまずい。


林檎「(泣)」



最後に僕が携帯の電源を入れた。
そして数分。








ぶぶぶぶぶぶっぶっぶっぶっぶ、ぶぶぶ。

僕の携帯。
愛しのアイさんから。

アイ「もう食べ終わった? 今日はごめんねぇ」

たわいもない会話で電話は終了。
アイさんという救いの女神の声にホクホク笑顔の僕を前に。
魔人。


【理不尽その2】

ハル「あんた、アイからの電話はずるいわ。」

林檎「なぜ!?」

ハル「アイはショタコンだし!アンタはシスコンだろうが!姉弟でもないのに!」

林檎「ド変態が何言ってんですか。それに『なぜ』の答えになってない。」

ハル「いっつもアンタたちベタベタくっついてんじゃん。彼女同然じゃん。ずるいわよ。」




一同「え゛っ・・・!?(ドン引き)」




林檎「いやいやいやいや!なんで変態の言うこと信じるの!?」











魔人ハルは支配者です。
逆らえませんでした。










その数分後。
ぶぶぶぶぶぶっぶっぶっぶっぶ、ぶぶぶ。


ハルさんの携帯。
どうやら彼氏さんから。

ハル「よっし♪んじゃぁ残りの人支払いよろしくぅ。」

林檎「おい!彼氏からはだめなんだろ!?さっき自分で言ったじゃん。」

ハル「彼氏じゃないわ。あれは奴隷の犬よ。」

林檎「何事!?」

ハル「だいたいね、アイツからの電話なんてかなり稀なの。だからいいの。」

林檎「アイさんからの電話だってそんな多くないから!」

ハル「黙りなさい。」

林檎「(泣)」



一同「・・・・・・。」










魔人ハルは支配者です。
誰一人として逆らえません。もちろん彼氏さんも。










結局、会計は林檎とその友達で。
誕生日の子は払いませんでした。

もちろん魔人ハルも。














帰りに誕生日の子にケーキをかってあげて、帰りました(泣きながら)。

アイさんにお土産のケーキもついでに買いました(泣きながら)。





アイさんに会って、少しお話。
その日唯一、心落ち着く時間でした。





アイ「そっかぁ。災難だったねぇ。」

林檎「ホントに。もう、やだ。(泣)」

アイ「まぁまぁ。でも、フェラニストになることもたまには必要かもよ。」

林檎「フェミニストね。天然でサラッと間違えてるけど。それ深刻なミスだから。」













こうして、僕の一日は終わるのでした。









_____________________________



魔人ハルは、日産で働いています。
バリバリ儲かっています。





あぁ、悔しい。


スポンサーサイト

>ぴっちゃん
アイさん、素敵な人なんです。
とってもイイこなんです。
でも童顔で、女子高生にしか見えないから・・・。
一人でお酒が買えないのが悩みなんです。

よく僕が付き添って一緒に買います。
僕は未成年ですが。

日記書いてくれましたか♪
ありがとぉございます(*´▽`)

なんか楽しそうでいいですね♪
そして、ハルさん面白い&強いですね(≧∇≦)
笑えましたよぉ(^ω^*)
いいキャラだと思います(笑
アイさんは可愛らしいかんじがしました。
いい先輩に恵まれて林檎さんは幸せですね♪
うらやましいです!!

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://cloudy27.blog58.fc2.com/tb.php/269-e2752bef

 | HOME | 

プロフィール

林檎

Author:林檎
つまらないと感じた日常。
成す術がないし、
改善する気もない。

だけど、
「つまらない」と君が言うなら
僕は、死ぬ気になって
君に「素敵だ」と言わせたいと思う。

それが、たぶん
「幸せ」なんだと思う。

∥Poembar∥click!∥

カウンター

☆ランキング☆

ブログ内検索

friend

夜の秘密

ブロとも申請フォーム

カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事+コメント

最近のトラックバック

カテゴリー

リンク

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。