FC2ブログ
林檎の花の通る道

この林檎の木の下で、「好きだよ」って言えたらいい。

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

文句に近い。読まないことを薦めますよ。

2008 - 04/20 [Sun] - 20:36

最近、素敵な詩に出会わない。自分のものを筆頭に。

特に恋愛詩、メジャーのものもブログ等のものも。どれもこれもつまらない。

「恋しい」「愛しい」「好き」「嫌い」「寂しい」「切ない」「会いたい」

「また会える」「もう会えない」「ずっと思っている」「忘れない」

似たような言葉を同じように連ねて、見飽きたシチュエーションを表現。

面白みも何もあったものじゃない。






君が好きだと思ったあの日から もう何日たったかな
君が僕のもとを離れて随分経ったけど まだ忘れられないよ
会いたいよ 会いたいよ
もう会えないと解っていても 願ってしまうよ
どこか遠いところで ここと同じ空見上げているのかな
忘れないでね 僕はずっと君を思うよ

なんとなく思い付きを連ねたけど。こんなのを「是非読んで」とか「感動すると思います」とか。

言う人いるけど、やめてほしい。無価値な誇張が誇張を呼んで、助長しあってレベルを下げる。

うんざり。

こんな詩、腐るほどある。全然面白くないし、楽しくない。

「私が作った 私のオリジナルの詩 是非読んで」そんな言葉が無意味になる詩。

日本語の使いまわし、魅力、特色、すべてが無意味になる詩。

そういったものが世間で評価されるのは、学力低下に関係あるのかもしれない。

だれでも書ける、自分が書いた「オリジナル」である意味がない、そんな詩はもう読みたくない。

「こういった詩じゃなきゃだめ」と拘束するわけじゃない。

だけど、他と同じで「どこかで読んだような・・・」と思える詩はつまらない。

貴方も、そう思いません?










*************************************

まったく理論的じゃない、文句。

他人の感性に文句をつけられるほど、僕は立派な人間ではない。

だから、これは魔がさしたのです。

もう書きませんので、お気になさらず。
スポンサーサイト

>綾瀬さん

そう。
思うんだ。

でも、書いてしまうんですよね。

思う。

でも、それでも書いてしまう。

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://cloudy27.blog58.fc2.com/tb.php/273-ec4cc661

 | HOME | 

プロフィール

林檎

Author:林檎
つまらないと感じた日常。
成す術がないし、
改善する気もない。

だけど、
「つまらない」と君が言うなら
僕は、死ぬ気になって
君に「素敵だ」と言わせたいと思う。

それが、たぶん
「幸せ」なんだと思う。

∥Poembar∥click!∥

カウンター

☆ランキング☆

ブログ内検索

friend

夜の秘密

ブロとも申請フォーム

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近の記事+コメント

最近のトラックバック

カテゴリー

リンク

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。